理想と現実

文科省役人への犯罪予告をブログと2chでしてた人が逮捕されたらしい。

まとめ はてな民兼ついったらーから遂に逮捕者が!

ブログ記事 2008-11-20 - White 〜文彩の支配から論理の支配へ〜

ざっと前後の文章を読んでみたけど、頭が良いけどブレーキのぶっ壊れた人という印象が残った。 これだけ頭が回転するなら、役人殺さなくても国ごと変える力は十分あったと思うんだけどな・・・ もったいない。

理想

今の日本が彼の理想通りではないのだと思うし、それ関しては自分も似たような考えを持っている。 自分には理想はあっても、その理想を実現する力がない。 彼は理想も力もあったけど、実現できないことに対する苛立があった・・・のかな?

教科書や法律は作った人達の妄想に基づいて作られているし、現実は書いてあることの何倍もの思いが渦巻いていてカオスになっている。 (この文章も妄想に基づいて作られているし、俺という現実のほんの一部です。)

今のこの国の法律だのその他諸々に対して不満があるなら

  • 変える
  • 移住

のどちらかで良いはずなんだよね。 どちらもNOやcan’tなら、ぐっとこらえるか、道を踏み外すか・・・

まあ、そんなに重い罪ではないだろうし、ほとぼりが覚めたら自分の理想をかなえられる方向に暴走して欲しいな。