HD-DVD vs blu-ray 対決終幕?

次世代DVDの規格争いは、事実上の終結を迎えそうだ。だが、それはいったいなにをもたらすのか?

asahi.com:東芝のHD—DVD撤退検討、利用者はどうなる? - デジタル機器 - デジタル

東芝が次世代DVD「HD—DVD」の生産・販売からの撤退も含めた事業の抜本的な見直しに入ったことで、次世代規格はソニーや松下電器産業が推進する「ブルーレイ・ディスク(BD)」に統一される見通しとなった。国内の映像ソフトの制作・流通現場は、BD普及へ弾みがつくと期待を高める。一方で、東芝の対応次第では、HD—DVD機器の利用者が不便を余儀なくされる可能性もある。

規格争いは終結したが・・・

規格争いは今に始まったことではない。新たな記録メディアが発生すれば、常に規格争いが起こっていたと言っても過言ではない。VHSや磁気ディスク、DVD(特にR)・・・規格争いに勝利したメーカは、その後大きな利益を享受してきた。 果たして、今回もそうなるのだろうか?

blue-rayじゃ弱い

おそらく、VHSやDVDのようなメインストリームにはならないと予測している。スーパーオーディオCDやLDのようなハイエンドなマニア向けの規格になるのではないだろうか? VHS→DVDへの移行の際は、「省スペース」「劣化しない」等多くのメリットがあった。だから比較的スムーズに移行されていった。 しかし、blu-rayへの切り替えのメリットは「大容量・高画質」だけである。しかもHD-TVとの併用が絶対条件。 メーカーにとっては幸いにも、2011年のデジタルTV移行によって、HD-TVとblu-rayを売りつけるチャンスがある。しかし、消費者にとってのメリットはなんだろうか?

たしかに高画質の映像作品が大画面でいつでも楽しめるというメリットはある。だが、そこまで高画質を求める消費者はどれだけいるのだろうか?「誰もが高画質の映像を見たいはず!」と唱えて消費者に肩透かしされたPS3という前例もある。 映像作品の配給メディアとして、DVDに取って代わるには、ちょっと存在が弱い。

じゃあ、次はなに?

では、DVDにとって代わり、映像配給が行われるメディアはなんなのか? ネットワーク経由での配信になるとの見方が多いし、自分もそう思っている。

Youtubeやニコニコ動画といったオンラインメディアはすでにスタンダードと化して来た。また、オンラインレンタルビデオなどの試みも開始されている。 AppleTVといったセットトップボックスはリビングへオンラインメディアを直接持ち込むための布石になっている。 そのうちネットワークはPCを離れリビングへ進出する。生活家電はもう少し先になりそうだが、映像・音楽といったコンテンツ配信の世界では、遠い未来の話ではないのではないか。

メディアが必要なく、欲しいコンテンツがいつでもすぐに手に入る。保管の必要はなく、バックアップの手段のみが必要になる。さらに手軽に、高画質の作品が手に入る。(HD画質のデータをネットワーク配信すれば良い) 今の日本ならインフラも整っていて、最高の環境に思える。 すべての面で既存メディアを上回っており、買い替えの動機も十分になる。

いいことづくめだと思うんだけどなぁ。そんな次世代映像はいかがでしょう?