スカイ・クロラ読み終わった

今更感はあるけど、めげずに書く。 とてもおもしろい。続きを買いに行きたくなった。

テンポの良い文章

説明らしい説明がほとんどない。 だが、場面は明瞭にイメージできるし、本来は書くべきことが書かれていないことで、見せたい場面がかえって明らかになっているように感じた。

徐々に明らかになる

説明があまりないので、始めはなんのことやらわからないけど、少しずつ事実関係が明らかになっていく。 なんだかじらされている感じがとても良い。

厭世観

全体的に厭世観の漂う世界になっている。 キルドレの少し変わった内面描写や登場人物の描写が希薄な部分などが、「世界の希薄さ」を意識させられた感じ。 好き嫌いはあると思うけど、普段は意識しない(したくない)部分がふと目の前に現れる思いがした。

続編もあるよ

1冊で完結するわけではなく、続きがある。 Amazonのレビューより引用すると

Amazon.co.jp: スカイ・クロラ (中公文庫)のりりさんのレビュー

『スカイ・クロラ』 『ナ・バ・テア』 『ダウン・ツ・ヘヴン』 『フラッタ・リンツ・ライフ』 『クレィドゥ・ザ・スカイ』

とあるらしい。積読がもう少し片付いたら買ってみよう。