もし今日が、人生最後の日なら?

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら - GIGAZINE

これはいまやiPodやMac OS Xで有名な企業アップルの創設者であるスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業祝賀スピーチで述べた有名な言葉です。

ジョブズは人生を左右する重大な決断に迫られたとき、この言葉を手がかりとして決断を下してきたそうです。その結果があれだけの企業を作り出したという事実を思い浮かべると、非常に示唆に富んだ言葉であると言えるでしょう。

またまたGIGAZINEより。とてもいい話だったので記しておきます 。 人生の選択に迷うとき/迷ったときに困らないように、日頃からこういう思考があったほうがいいんでしょうね。 自分には、まだ「死」が身近にありません。「明日がなくなったら」って想像もつきません。 いつ明日がなくなってもいいように・・・ やりたいことは心の赴くままに、すぐ行う。 その日その日を充実させる。

ということを心がけて生きれば、Jobsほどではないにしろ、なにかできるかもしれませんね。 自分は今日を満足して過ごせたのか?

毎日問いかけてみることにします。