喫煙禁煙副流煙

たまにはニュースでも取り上げてみようかと。

愛煙家は“我慢の旅” 全面禁煙 JR加速
http://www.sankei.co.jp/news/morning/16iti001.htm


新幹線に限らず、最近は各所で禁煙になってますね・・・
マックでさえ禁煙になる始末。そのうち飲食店から閉め出し食らうんじゃ・・・(´・ω・`)
路上禁煙も増えてきました。
ボクも喫煙者の一人。色々とに困ってます。

タバコ吸いたいという理由でコーヒーショップによく入ります。外で打ち合わせ終わった後なんか駆け込みます。
先日も打ち合わせ後にタリーズに入りました。
が!!
喫煙部屋(ガラス張りで隔離されている)は人いっぱい。かろうじて1席空いていたので近づいてみるが、同行していた先輩が臭いで顔をしかめ・・・禁煙席へ。
俺もさすがに眉間にしわが寄るくらいの煙と臭いでした。ありゃ無理だ。
ある程度広い空間ならばそこまでひどくないのになぁ・・・

なら吸わなければいーじゃない、と言われそうですが・・・

以下、ちょっと硬い話。 最近の禁煙ブームは、「タバコは肺癌の原因になる!」とか「副流煙で吸ってない人にも被害が!!」とかまあとにかく「健康に被害が及ぶ」というのが主な争点に挙げられています。ことに最近多いのが「受動喫煙」による被害。
大抵のテレビなんかではこんなこと言っているように聞こえます。
「喫煙者がタバコで死ぬのは勝手だが、非喫煙者の健康を害するな!喫煙者は加害者だ!人殺しだ!」
「加害者にならないためにも、今すぐタバコをなくしましょう!」

多少の脚色はありますが、概ねこんな感じに聞こえます。少なくともボクには。
さて、喫煙者と非喫煙者ではがん発生率が約1.5倍違うと言われています(男性:1.6倍 女性:1.5倍)。
禁煙してる人と非喫煙者でも約1.4倍違うそうです。
がんの発生率だけではありません。ここなんかを見るともうタバコ吸うとあらゆる悪いことが起きるんじゃないかと思うくらいボコボコに書かれています。

さて、大抵の人は「喫煙者はこんなことも知らずに吸っているのか!!」と思っているかもしれません。しかし、多くの喫煙者は自分の健康に害を及ぼすことを知っています。知っていてなお吸い続けます。
これもよく知られていると思いますが、タバコは大変中毒性の高いものです。中毒性だけならば麻薬以上とも言われます。個人的には、効果が弱い麻薬と同等であると思ってます。

これだけ身体に害があり、中毒性も高いタバコ。吸い続ける理由はなんなのでしょうか?
自問自答しながら、次回へ続く?